千葉県香取市の幼稚園/学校法人 佐原みどり学園

〒287-0001 千葉県香取市佐原ロ2114-1

0478-52-2772

  • 佐原みどり幼稚園の教育理念
  • バス・アクセス案内
  • Q&A

幼稚園って、どんなところ?

こどもたちにふさわしい生活を考えて、花や緑に囲まれた「子供の園」として、ドイツで初めて創設されました。
人間として成長していく上で一番大切な幼児期に、その基礎としての感性と知性を培い育んでいこうとするのが幼稚園です。
いわゆる「読み、書き、計算」等を覚える前に、学ぶべきこと、育ててあげるべきことを、こどもにふさわしい遊具、教具、環境の中で、同年齢の友達と互いに影響しあいながら、また、先生からヒントや、ちょっとした手助けを受けながら、学んで行くところです。
基本的な生活習慣が身に付き、言語の発達と共に他者との相互理解ができ、社会性が芽生える3歳・4歳から幼稚園の教育は始まり、小・中・高・大学等へと続く、公教育の出発点として位置づけられています。

幼稚園と保育所(園)の違いは何ですか?

1947年に制定された学校教育法によって、幼稚園は明確に大学までの学校教育体系の一環とされました。
一方保育所(園)は児童福祉法に基づく児童福祉施設であり、小・中・高・大学等の学校教育体系には属しておりません。

  幼稚園 保育所(園)
根拠法令 学校教育法に基づく学校 児童福祉法に基づく児童福祉施設
所管 文部科学省 厚生労働省
目的 幼児を保育し、適当な環境を与えてその心身の発育を助長すること。
(学校教育法題77条)
日々保護者の委託を受けて、保育に欠けるその乳児または幼児を保育すること。
(児童福祉法第39条)
対象者 満3歳から小学校就学の始期に達するまでの幼児。 保育保育に欠ける乳児・幼児。
保育料 一定額 課税状況に応じる
保育 幼稚園教育要領による 保育所保育指針による

したがって、幼稚園が「お子さんを教育する」という考えに基づいているのに対し、保育所(園)は「保護者の都合で面倒を見られないお子さんを預かる」という考えに基づいています。

幼稚園では、なにをするの?

こどもたちにふさわしい生活を考えて、花や緑に囲まれた「子供の園」として、ドイツで初めて創設されました。
人間として成長していく上で一番大切な幼児期に、その基礎としての感性と知性を培い育んでいこうとするのが幼稚園です。
いわゆる「読み、書き、計算」等を覚える前に、学ぶべきこと、育ててあげるべきことを、こどもにふさわしい遊具、教具、環境の中で、同年齢の友達と互いに影響しあいながら、また、先生からヒントや、ちょっとした手助けを受けながら、学んで行くところです。
基本的な生活習慣が身に付き、言語の発達と共に他者との相互理解ができ、社会性が芽生える3歳・4歳から幼稚園の教育は始まり、小・中・高・大学等へと続く、公教育の出発点として位置づけられています。

幼稚園では、なにをするの?

幼稚園では、たくさんのお友達や教師との関わりを持ちながら、のびのびと遊んだり、いろいろな経験を通して大きく成長していきます。私たちはその一人ひとりの驚きや好奇心の芽ばえを大切に、限りない成長を見守るものです。朝からお迎え時刻までただ単に遊ばせたり、歌やおゆうぎだけを教える場でもありません。
 「三つ子の魂、百まで」という言葉がありますが、学齢前の3歳~5歳までの幼児期は人格の基礎を形成する大切な時期です。毎日の幼稚園生活の中で、家族以外のまわりの者に信頼感を持てるようになり、自分の気持ちを泣かずに言葉で伝えたり、友達と仲良く一緒に遊べるようになる。交流する楽しさを経験して、やがて困っている友達がいたら、まず心で感じ、さっと手をさしのべたり、相手の気持ちを思いやれるやさしい気持ちの持ち主になっていくことでしょう。目には見えませんが、思いやりのあるやさしい気持ちは、生きていく上で最も大切なものではないでしょうか。
 佐原みどり幼稚園では、職員皆が園児全員の状態を把握しながら、常にきめ細かな対応が出来るよう、あえて募集を少人数とさせていただいております。大人が温かく見守り、まわりの友達とともに育ち合っていく、言い換えるならば「大家族」のような生活の場です。家庭的な雰囲気の中、一人ひとりが安心して様々な経験を通して「生きていく力」を伸ばしていく。そのための環境づくりこそ、幼稚園の役割であると私共は考えます。

保育料が安くなる?【保育料軽減措置】

私立幼稚園は学校教育法に基づく公的教育機関です。特に当園は学校法人として認可されておりますので、保護者の教育費負担を軽減するため、公費助成(私立幼稚園就園奨励費補助金)が行われます。所得に応じてその額は決まりますが、平成25年度は年額229,200~62,200円の範囲で支給されました。

給食はありますか?

毎日忙しくて、栄養やおかずの中身などお弁当作りに大変なお母さんに代わって、栄養バランスのとれた安全なお弁当を毎日(月・火・木・金)提供しています。幼稚園専門の給食業者がお昼に届けてくれます。(創業以来40年間、食中毒の発生ゼロ・300園以上の幼稚園に給食を届けている会社です。詳しくはこちら

預かり保育はありますか?

給食のある日(月・火・木・金)は14:00~17:00まで、午前保育の日(水)は11:30~17:00までお預かりします。(午前保育の日はお弁当を持参していただきます。)
また、夏・冬・春休み中はご相談に応じます。

通園バスはありますか?

希望される方には、登園・降園時にバスでの送迎運行をしています。
登園時だけ(または降園時だけ)の利用も可能です。

幼稚園から小学校へのつながり

近年、小学校に入学しても、ふらふら歩きまわって座席に座っていられない子や、奇声を上げたり、午前中から「お昼寝したい」と言い出す子がいて、学習になかなか入れず、先生方は困っているそうです。それまで自分のやりたいことだけをするだけでよかった生活を送ってきたお子さんにとっては、小学校での毎日は非常に窮屈なものでしょう。
 小さいときに身につけておけば当たり前の何でもないことが、一年生になって初めて強制されればそれは余分な負担になります。そんな思いを味わわないですむよう、私達は基本的なしつけを身につけていただくことを目的としています。
 みどり幼稚園で知らず知らずの内に、やさしい心や協調性・社会性を培ったこどもたちは、無理なく小学校での生活をスタートしてくれています。

ページの先頭へ